和風ポークリブ・アジのマリネ・きのこと白菜のうま煮 & いじめ

  09, 2013 19:34
IMG_7725_convert_20131110082656.jpg







今日は、雨。



雨音で目が覚めました。



外に出て何かをするという事はできませんが、アトランタの自宅では、こういう日もそれなりに楽しんでしまいます。







予定を早めて13日に帰国することにしたため、昨日から父が好きな豚肉料理を作り置きすることに。


豚のスペアリブを多量に買い込み、早速料理に取り掛かります。




和風ポークリブ


フライパンを良く熱し、油は使わずに、こんがり焼き色を付けたら、

IMG_7697_convert_20131110080038.jpg








あらかじめにんにく・しょうが・玉ねぎの硬い部分を入れて沸騰させておいた鍋に投入。


20~30分煮て、煮汁を濾します。

IMG_7702_convert_20131110080056.jpg

濾した煮汁は、一晩冷まし、上に浮いた脂肪を全て取り除き、翌日鍋に使う予定。








リブ、にんにく、生姜、玉ねぎを、再度沸騰させておいた鍋に入れ、蓋をして2~3時間煮て、


取り出し、醤油・酒・みりん・新しく切った生姜・玉ねぎの硬い部分を入れた鍋で、味がしみるまで20~30分ほど煮ました。


肉はほろほろです。

IMG_7716_convert_20131110080405.jpg

何度か煮こぼししているため、脂肪の部分もあっさりしています。


両親が、ちょこちょこ食べれるよう小分けにして冷凍庫へ。








軟骨も好きな両親。


軟骨が付いた豚肉を炒め、圧力鍋で煮て、味噌煮込みにする予定。


とりあえず、こんがり焼き色を付けておきます。

IMG_7703_convert_20131110080214.jpg








今朝取れたというアジ。


母が、片栗粉を軽くまぶし揚げ、


アジのマリネ

IMG_7705_convert_20131110080225.jpg

こういうものは、日本でなくては頂けません。美味しい~!


10尾ほど、父がさばいてお刺身に。最高なアジ料理でした。









菜園仲間の方たちから頂いた、きのこと白菜を使って、


きのこと白菜のうま煮

豚ばら肉、生姜、シメジ、巨大シメジ、椎茸、白菜を炒め、オイスターソース、中華スープの素、砂糖少々、醤油、ごま油で味付けし、片栗粉でとろみを付けたもの。


白菜がしんなりするまで火を通します。

IMG_7712_convert_20131110080307.jpg

肉厚の椎茸の美味しいこと!

ご飯にかけていただいても、美味しいですよ。











いじめ


どちらかと言うと、小さいことにこだわらないさっぱり、あっけらか~んとした性格の私。


人生って思い通りにはいきませんよね。


こんな私にも、けっこう深刻な悩みが・・・





言葉遣い、マナーや行いに付いてはきちんとしたい私。


私とは正反対に、平気で人に失礼な言動をして、ケロッとしている母。

IMG_7719_convert_20131110082443.jpg









母とは、小さい頃から性格が合わず、苦労しています。

IMG_7724_convert_20131110082620.jpg










性格が合わないせいか、子供の頃から進学するまで母からはいじめられた記憶しかない私。


それでもおてんばで元気な子供ではありましたが、母からいじめられていたせいで、人に優しくできない、ひねくれた可愛くない子供だったと思います。

IMG_7720_convert_20131110082453.jpg









こんな子供時代だった割には、性格が父に似ているのと、学生時代の友人や職場の先輩のおかげで、



強く、正しく、と~っても明るい人間になった私。



でもね、母とぶつかるといじめられてつらかった子供時代の恨みつらみが母に向かって出てしまうんです。



父の体のこともあるため、3週間は滞在する予定でしたが・・・



正直、母とは3日が限界。自分の体調が崩れてくるので、



来週の母の再診に同行した直後、



帰国することにしました。







自分の器が大きくなるよう努力しなくては・・・と自分を戒めますが、母の相変わらずの態度や言動を目の当たりにすると、我慢できなくなってしまいます。


IMG_7722_convert_20131110082542.jpg


我慢が足りない私・・・母に対するこの気持ち、どうすれば乗り切れるのでしょう。



母の性格は、このウン十年全く変わらず昔のまま。いくら注意しても、ケロッとしてるんです。(私は自分の心の中で、母のことをカエルちゃんと呼んでいます・笑)



そんなこと引きずってグチグチ言うんじゃないの!というような、厳しいコメント、ご助言お待ちしております。




素敵な暮らしを目指してつけたタイトル、素敵にアメリカンリビングが、ちょっと暗い感じになってしまい、ごめんなさい!



でもね、これは私が小さかった頃から今に至る大きな悩みなのです。


乗り切れれば、きっともっとハッピーに生きられますよね。







さあ、気を取り直して、



素敵な一日を送りましょう!





たくさんのご訪問・応援クリック、またご意見・ご質問等は、更新の励みになっております。


いつも本当にありがとうございます。


クリックして応援して頂けると嬉しいです!




にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村



  ">href="http://food.blogmura.com/"> src="http://food.blogmura.com/img/food88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログへ" />

Comment 0

What's new?