ラザニアとアップルクロスタータでイタリアンディナー&庭の様子

  20, 2013 22:54
白っぽかった紫陽花が、少しずつ青みを帯びてきました。

これが今年最後の紫陽花かと思うと、切花にするのがもったいなくて・・・。

このままそっと庭でエンジョイすることにしましょう。

DSC_0037_convert_20130921110129.jpg









毎年恒例のツアーチャンピオンシップトーナメント。


夫、義姉、私の三人は、毎年水曜のプラクティスラウンドから日曜のファイナルまで見に行っていますが、今週月曜日のゴルフの後突然痛くなった膝のおかげで、私はテレビ中継で我慢している毎日。


膝の痛みはかなりひどいため、月曜にドクターズアポイントメントを取らなくてはならなさそうです。







トーナメント会場を歩き回る事はできませんが、立ったり座ったりしながらお食事くらいなら作れます。



今日は、夫と義姉が好きなラザニアを作ることにしました。



赤ワインたっぷりのボロネーズソースを使ったラザニア

DSC_0097_convert_20130921111000.jpg









アメリカ人は、チーズと牛ひき肉がたくさん入ったラザニアが大好き。



牛ひき肉がたくさん入ったラザニアをあまり好まない私は、牛ひき肉は入れず、ほうれん草、玉ねぎ、マッシュルームなどの野菜と数種類のチーズを入れて作っていました。



でも、ある日ふと気付いたのです。



イタリアンレストランに行くと、夫がいつもラザニアをオーダーすることに。



家で食べれない、肉入りラザニアを食べたかったんですね。





今日は、イタリアンが大好きな夫と義姉のために、ラザニアを作りました。



といっても、やはりたくさん牛ひき肉が入っているのには抵抗があるため、以前作って冷凍しておいた赤ワインをたっぷり入れて作ったボロネーズソースを使って作ることに。




材料は、


自家製ボロネーズソース、低脂肪リコッタチーズ、パルメジャーノレジアーノ、プロセスマツレラチーズ、玉ねぎとマッシュルームを炒めたもの、ラザニア用のパスタ、べシュメルソース


DSC_0014_convert_20130921110657.jpg







べシュメルソース



バター大さじ2、小麦粉大さじ2をフライパンで3~4分炒め、牛乳1カップを入れ、泡だて器でダマにならないように混ぜ、とろみがついたら火からおろし、ナツメグをくわえる

(チーズやボロネーズソースに塩気があるため、これには塩は入れていません)

IMG_6060_convert_20130921111245.jpg

普通ラザニアにベシャメルソースは入れませんが、ほんのちょっと入れるだけで味がぐんと良くなります。










作り方は、簡単。


ラザニア用のパスタも、茹でずにそのまま使います。



だた、材料を重ねていくだけ。


耐熱器にボロネーズソースを敷き、パスタを並べ、リコッタチーズ、マッシュルームと玉ねぎの炒めたものを置き、

DSC_0018_convert_20130921110710.jpg







ボロネーズソース、チーズ2種を入れ、ベシャメルソースをかける。

DSC_0023_convert_20130921110804.jpg







パスタを並べ、同じことの繰り返し。


トッピングするチーズを少し残しておくこと。

DSC_0026_convert_20130921110819.jpg








耐熱器の上までくるまで敷き詰めて、フォイルをしてオーブンへ。


200度で1時間ほど焼いたらフォイルをはずし、パルメザンチーズとプロセスマツレラ(ピザ用チーズでオーケー)をトッピングしてオーブンにもどし、チーズに焼き色が付くまで焼く


DSC_0035_convert_20130921110822.jpg








夫と義姉がお腹をすかしていたため、焼き上がりの写真撮影をうっかり忘れてしまいました。


サラダを入れた器と一緒にお皿に盛り、パセリを散らして、はいどうぞ!


DSC_0097_convert_20130921111000.jpg









チーズがトローリ!


DSC_0101_convert_20130921111010.jpg

赤ワインたっぷりのボロネーズソースとべシュメルソースで、いつものラザニアがワンランクアップです。


赤ワインと頂きました。










アップルクロスタータ

DSC_0072_convert_20130921110844.jpg





アップルパイに似ていますが、バター、小麦粉、砂糖で作った生地に火を通したりんごを置いて適当に成形し、焼くだけの簡単なもの。


アメリカの料理番組等では、皆りんごやフルーツを生のまま入れるのですが、20~30分焼いただけでは火が通らないだろうし、りんごから水が出てクラストがべちゃべちゃになりそうなので、りんごやフルーツには必ず火を通し、汁気を飛ばします。


アップルパイほど気を張らなくても作れる、手抜きスイーツです。






まずは、りんごの下準備

1.りんご4~5個を用意し、皮をむき、塩水にさっとつけて偏食予防する。水気を切る。

2.バター大さじ2をフライパンに入れ、1を炒める。

3.火が通ってきたら砂糖大さじ3~4を入れ、りんごの汁がなくなるまで炒める

4.汁気がなくなったら、レモンの皮1個分をおろして入れ、レモン汁を大さじ1ほど入れる

5.4を冷ます






[生地の材料]

バター 大さじ12

小麦粉 1.5カップ

砂糖 大さじ4

塩 一つまみ

冷水 大さじ2~3

バニラエッセンス 2~3滴


[作り方]

1.フードプロセッサーにバター、小麦粉、砂糖、塩、バニラを入れ、プルスして良くなじませる。

2.冷水を少しずつ入れ、生地が少ししっとりしたら、取り出して丸め、ラップをして冷蔵庫で30分寝かせる

3.2を取り出してめん棒で適当にのばす。

4.上記5のりんごをのせ

IMG_6073_convert_20130921111345.jpg





4.残したふちを中心に向かって適当に折る。

IMG_6078_convert_20130921111411.jpg


5.クラストの部分に溶き卵を塗り、砂糖をかける

6.200度に余熱したオーブンに入れ、20分ほど焼いて出来上がり。

DSC_0079_convert_20130921110911.jpg








バニラアイスクリームを添えて

DSC_0110_convert_20130921111049.jpg









今日の庭の様子


DSC_0059_convert_20130921110430.jpg





DSC_0060_convert_20130921110439.jpg








ゼラニウムは、未だにとってもきれい。

来年は鉢だけでなく、庭にも植えようと思います。

DSC_0062_convert_20130921110455.jpg





DSC_0047_convert_20130921110258.jpg








メドーセージの花はほんの少ししか残っていませんが、スズメバチが毎日やってきては蜜を飲んでいます。

DSC_0050_convert_20130921110318.jpg








シソの花にクマンバチ

DSC_0064_convert_20130921110515.jpg








わいわいさん、ほんの少しのローゼルティーが収穫できそうです!

DSC_0054_convert_20130921110352.jpg







あれ???

またまたジャーマンアイリスです。

DSC_0042_convert_20130921110202.jpg





春に咲き終わったジャーマンアイリスが2~3本開花を始めました。

DSC_0039_convert_20130921110145.jpg







Luke (ルーク、ゴールデンリトリーバー、オス、生後4ヶ月半)

皆さん、こんにちは! ボク、ニューヨークで元気にやっていましゅよ~。

IMG_5991_convert_20130919103915.jpg



素敵な週末を!






たくさんのご訪問・応援クリック、またご意見・ご質問等は、更新の励みになっております。


いつも本当にありがとうございます。


クリックして頂けると嬉しいです!




にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村






  ">href="http://food.blogmura.com/"> src="http://food.blogmura.com/img/food88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログへ" />

Comment 0

What's new?