簡単な牛肉の赤ワイン煮込み&ゴルフ

  05, 2013 17:49
IMG_1674_convert_20130604210535.jpg








こんにちは!



帰国して始めの2~3日は、忙しすぎて時差ぼけを感じることもなかったのですが、ここ2日ほどは、日本時間で眠くなり、お腹が空きます。


こちらに戻りすぐに、たくさんのゴルフのお誘い。



まあ、ごろごろしているよりもいいかと思い、お誘いを全部お受けしました。



今日は、Olde Atlantaでゴルフ。

IMG_1703_convert_20130606063104.jpg








IMG_1705_convert_20130606063119.jpg

どんより曇り、湿度の高い日でした。



ファースト9は41、ラスト9が45=86でした。ファースト9はまあまあでしたが、ラスト9は疲れてしまい、トリプルやダブルボギーが・・・


久しぶりのゴルフだったため、終わる頃にはへとへと。でも楽しくプレーできました。







さて、先日、”なにが食べたい?”という質問に、夫と末っ子が声を合わせて言ったお料理がこれ。


ビーフボーギニョン (牛肉の赤ワイン煮込み)・・・私がよく作る家庭料理です


IMG_1677_convert_20130604210621.jpg






いつもはベーコン、マッシュルームやパールオニオンを使いますが、買い置きがなかったため、今回は冷蔵庫にあるだけの材料で簡単に作りました。

IMG_1608_convert_20130604205950.jpg






メニューもシンプルに、


サラダ

IMG_1673_convert_20130604210511.jpg








野菜とハーブたくさんのトマトソースのブルシュケッタ

   先日ランチに余分に作ったトマトソースを、オリーブオイルを塗って焼いたプランスパンにのせただけ

IMG_1664_convert_20130604210454.jpg








ビーフボーギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)・ニンジンと揚げポテトの付け合せ

IMG_1675_convert_20130604210601.jpg










まずは、牛肉肩ロースを適当な大きさに切り、塩・コショウをふり、小麦粉をまぶし、オリーブオイルを入れた鍋で

IMG_1604_convert_20130604205907.jpg








表面にこんがり焼き色が付くまで焼きます

IMG_1607_convert_20130604205920.jpg







そこに、ニンジン・玉ねぎ・にんにくを入れて5分ほど炒める

IMG_1610_convert_20130604210004.jpg







赤ワインを1本とビーフブイヨンを1缶入れ

IMG_1612_convert_20130604210105.jpg







ブーケガルニ・・・ローリエ、ローズマリー、タイム、パセリの茎を束ねて作る

IMG_1619_convert_20130604210040.jpg







ブーケガルニを入れて

IMG_1623_convert_20130604210209.jpg








蓋をして3~4時間ことこと煮込む

IMG_1625_convert_20130604210228.jpg







肉とニンジンを取り出し、スープを濾す

IMG_1654_convert_20130604210255.jpg






写真を撮り忘れましたが、小麦粉とバター同量をフライパンで中火でチョコレート色になるまで炒める。


チョコレート色になったルーにケチャップとバルサミコズを入れ、2~3分炒め、上記で濾したスープに足して、肉とニンジンを戻し、5分ほど煮て、出来上がり。



付け合せのポテトは、電子レンジで火を通し、手のひらでちょこっとつぶして油で揚げたもの

IMG_1659_convert_20130604210350.jpg


今回は、トマトペーストの変わりにケチャップを使ってみたところ、とても美味しく仕上がりました。






末っ子と私の心を悩ませていること


気の毒なゴールデンリトリーバー



大学2年生の末っ子は、獣医学科を目指しています。


こちらの、医学部・歯科学科・獣医学は、卒業するまでに8年かかりますが、大学4年が終了したら獣医学科にアプライすることになります。


末っ子は勉強が嫌いなので、多分いけないとは思いますが、本人はそれなりに獣医学科に行くための用意を始めています。


その一つは、シャドーイング・・・アニマルホスピタル(動物病院)で、ドクターや技師さんの後をついてまわり、学ぶことです


そこで、末っ子が撮った写真。

IMG_1690_convert_20130606063142.jpg


・・・このゴールデンリトリーバー(2歳)、一日に3回(一回につき5分だけ)しかケージから出してもらえません


1日15分以外は、ず~っとこのケージの中にいるそうなのです。


持ち主は、ここのアニマルホスピタルの獣医。


診療が終わっても家にも連れて帰ってもらえず、このアニマルホスピタルのケージに住んでいるのです。


末っ子にこの話を聞きながら写真を見せられ、号泣してしまいました。


なんとかしてあげたくて、この犬を引き取らせて欲しいと申し出てみたのですが、答えは”NO"。


娘は、月曜から木曜まで毎日ここにシャドーイングに行くのですが、毎日怒って帰宅します。


可愛そうなわんこ。。。


皆さんは、このワンコがおかれている状況についてどう思われますか?私と末っ子には何ができるのでしょうか?








たくさんのご訪問・応援クリックは、更新の励みになっております。


いつも本当に本当にありがとうございます。




にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

  ">href="http://food.blogmura.com/"> src="http://food.blogmura.com/img/food88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログへ" />

Comment 0

What's new?