湯豆腐と割り干し大根の煮物

  25, 2013 17:19
DSC_0013_convert_20130226063212.jpg










どうしたことでしょう?アトランタはまた冬に逆戻りです。


今日は気温も低く風がビュンビュン。



そろそろガーデニングを、なんて思っていたのですが、今日、明日はまだ無理そう。






やっとまた一人の生活に戻りました。


・・・この文章をみると、?って感じですよね。

夫はカリフォルニアへ出張、息子は寮へ、末っ子も寮へ戻り、今日からまた一人の生活に戻ります。


だれもいないのは寂しくもありますが、感染を心配しなくていいので気が楽です。

(とは言いながらも、触ったところは消毒消毒!)






食欲は出てきましたが、まだもうちょっとというところでしょうか。


凝ったお料理を作るエネルギーはないのですが、テーブルセッティングくらいは買えてみましょう。


お昼スープを作ろうかと思っていたので、スープ皿を使ってセッティング。

DSC_0016_convert_20130226063336.jpg

20年ほど前に購入したスープボールと受け皿。


”捨てて片付ける!”といつも言っているわりには、こういうものが至るところから出てきます(苦笑)。



黒を主体としたテーブルなので、シックな色の赤のチャージャー皿がいい刺し色に。










湯豆腐



DSC_0031_convert_20130226063531.jpg


柔らかくて暖かいお豆腐が食べたくて、今日はシンプルに湯豆腐。










昆布をたくさん敷いた土鍋で、お豆腐を温めるだけですが、私の場合は薬味に色々な変化をつけて楽しみます。


ネギ、シラントロに昆布酢、醤油のタレ


昆布酢は、適当な大きさに切った昆布、砂糖、酢に漬けて保存している物を使っています。


そうそう、寿司飯にも使っています。


常備していると便利ですね。

DSC_0026_convert_20130226063436.jpg












シラントロ(シャンッアイ)


DSC_0022_convert_20130226063405.jpg


アメリカでは、3束で1ドルというお値段。


一番お安く手に入るハーブではないでしょうか・




私はそのシラントロが大好き。


鍋の薬味には主役の野菜くらいたくさん入れていただきます。


シラントロの効能:抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用、免疫力回復作用などなど、いいことばかり。









割り干し大根の煮物


胃にやさしい湯豆腐もいいのですが、それだけでは物足りなくて、割り干し大根の煮物を作りました。


父が趣味の菜園で育て、作った割り干し大根。袋から出すと、新鮮な大根の香りがしてきます。



栄養が流れ出してしまうので、長々水につけておかないこと、と言われていますが、大根特有の苦味が苦手なので、しっかり水で洗い、しっかりと戻しちゃいます。


まだ胃が本調子ではないので、砂糖、みりん、ダシ(インスタント使用)で時間をかけて柔らかく煮、お醤油はいつもの半分にして大根の甘みを楽しみました。

DSC_0029_convert_20130226063506.jpg








皆さん、風邪などひかれませんように!


Have a nice week!



皆さんのコメント・ご意見・ご感想、とても嬉しいです。

ご質問も大歓迎です。宜しかったらぜひ!




下の項目を、クリックして応援して頂けると嬉しいです。有難うございます。



FC2以外の方へ、

コメント欄にURLを残して行って下さいね。後ほどご訪問させて頂きます。







にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

  ">href="http://food.blogmura.com/"> src="http://food.blogmura.com/img/food88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログへ" />

Comment 0

What's new?